予想通り?

(前回の告知記事には追記があります、コメントを頂いた方はご覧下さい)

現在作成中の外伝、初期新キャラ(?)の紹介です。皆さんの予想通りかも知れません(笑)

ss08121.jpg

ss08122.jpg

同人ゲームを制作されている方に

ここ数年、
「私も自作しました。よろしければ遊んで頂けませんか」
というメール・コメントをよく頂きます
しかし私に余裕がなく、なかなかご希望に添えません

そこで思ったのですが
フリーゲーム(SRPG・SLG)制作者の交流サイトを
立ち上げるというのは如何でしょうか?

目的は
・制作者同士の交流を図りモチベーションを維持する
・情報交換を行い制作知識・技能を向上する
・確保しにくいテストプレイヤーを補完しあう
・素材提供者の協力を仰ぐ
等です

但し
・サイトは非公開であり秘密厳守です
・円滑な運営を行うために厳格なルールを設定します<紳士の社交場です>
・ルールが守れない方は私の判断で退会してもらいます
・無償配布予定の作品に限ります(退会後は自由)
・私自身はプレイはしません、意見も言いません(中立の立場)
・私自身の創作活動とは無関係です。絡めることはありません

参加資格は
・SRPG、SLGを製作中、あるいは制作を予定している方
・既に制作済みだが制作の協力をしたいと思う方
・制作者では無いが素材やテストプレイで協力できる方
等です

賛同者が多ければ私が交流サイトをたち上げ運営者となります
(私が難しくなれば後任の運営者を選定します)
メンバーは10名~20名程度を想定しています。

賛同者はこの記事にコメントしてください。<秘密は厳守します>
サイトへの招待状を送るためメールアドレスが必要です
(ツイーターをしている方はアカウントも教えてください)

ということで、暫く様子を見ることにいたします^^

以上です。

*8/12追記
ブログ閲覧者には需要がなさそうですね。<当然だったかも>
ダラダラと募集しても同じだと思いますので今回は見送ることにいたしましょう。
賛同してくださった5名の方、申し訳ありません。
ある程度の人が集まらないとこういったイベントは難しいと思います。ご理解ください
また次の機会にお会いいたしましょう(vestaria外伝完成時には招待します)
<本記事は数日後に削除します>

外伝の予定

表題の件について簡単に報告します

■現在計画中の作品

(1)ルッカ外伝(ルッカの勇者達)
全4章の小作品。ルッカの3人組と村長、アリシャを中心とした前日譚。
原案と監修は私ですが制作についてはスタッフ(二名)が独自に行っています。
春から作り初めて4章分の試作は完了したのですが「ダメ、全部作りなおし」という鬼監督の命令で目下リトライ中
本作はvestariaの未来を担う若手制作者の確保を目指しています(^^)

(2)シルヴァビルヒの聖なる剣<仮題>
ゼイド編の完結を目指してこの夏から着手を始めました
全10章~15章程度の予定です
このパートは本来は2部で語られる予定でしたが(TSで言えばセネトパートのようにダイジェストで見せる部分)
2部制作が素材と労力の問題で難航しておりせめてゼイド・アトルに関するモヤモヤした部分は
解決しておかないとユーザーが気の毒という思いで制作を始めました
ただしvestariaprojectは休止中なので(当初からの約束)今作については原則として一人で制作します
<素材提供等は除く>

よって素材はⅠの再利用ですし内容もⅠのように凝ったモノは不可能です
難易度は下げますし(高難易度は調整に手間がかかる)テストプレイについても有志の協力を仰ぐことになります
※物語をメインにしたサウンドノベルのようなものだと思ってください

スケジュールは未定。言うまでも無く両作とも没になる可能性は有ります
ただ希望としては当初の予定通り来春には限定公開(テストプレイヤの募集)をし
その後、HP等で告知して無償配布をしたいと考えています。
また動きがあれぱ報告いたしましょう

メレダ全図

地図(最新)


先の構想ノートですが、地図がヒドイので(笑)
最新版の地図に地名を記しておきました。参考にどうぞ

ワールドマップ00

構想ノート(ソリス王国)

構想メモからソリスの設定(製作開始時のもの)です
--
ソリス王国は以前添付したマップでも明らかなように6つの州から成っています

(マラヤ:35)
4章の舞台となったマラヤ(地図の35番)は王弟ジスカールの領地で代々ソリス王家の直轄地でした。
マラヤを中心として多くの村落があり、他の国の公国に匹敵します。ジスカールはマラヤ公爵でもあるわけですね。
関連人物:ジスカール公爵、シルティン王子、アイネリア(ジスカールの愛妾)

(ナイマン:32)
マラヤの西方にあるのがナイマン部族の領地。周辺の小部族を従える大部族でソリス王家とは長らく友好関係にありましたが、帝国の侵攻とそれに続くオルダムの反乱で、王国に味方する勢力(族長)とオルダム側に立つ勢力とで対立が起こり、親オルダム派のギネマン(族長の従兄弟)が族長を殺してナイマン部族を掌握。オルダムと同盟して王都に攻め上がりました。ナイマンはホエルンの故郷ですが今もジスカールのマラヤと敵対しています。
関連人物:ギネマン族長、ホエルン公女(姫)、ストイラ(長老)、エルヴァ(騎士:ホエルンの従兄弟)

(シフト:36)
ナイマンの南方に位置するのがシフト族。この部族も強欲で荒っぽい部族で、タムティールの甘言に乗せられて当初から反乱に加担。ソリス王城陥落時に最も悪事(略奪、殺戮、強姦など)を働いた凶悪な部族です。
関連人物:クサン族長、ケマル(クサンの弟)、マーヤ(ケマルの娘)

(ハルギット:35)
ソリスの最南端に位置するハルギット族は遠方のため王権も届きくく、15年ほど前に自立して王国を自称しています。
国王はなかなかの名君で、ソリス王国や他の部族が争いを繰り返す中でも中立を守り続け、内政に力を尽くしてを牧畜と農業を発展させソリスで最も豊かな地方に育て上げました。
現在も中立を守り続け、ジスカール・タムティールともに同盟を求めていますがのらりくらりと拒否しています。
関連人物:カーデム国王、騎士ヘムル、リティア王女、タリス(下僕)、デューン

(ソリス:34)
ナイマンの北方、スフィア街道に通じる要地にソリスの王都があります。現在はオルダムに支配されていますが
ソリスで最も強固かつ豪華絢爛な城塞都市が存在します。
東はスフィア王国のレーネ、北はオルダム、南はナイマン、そして東へ行けばイーリ砂漠を経由してメレダのエデッサに通じるソリスの中心です。

(オルダム:33)
王都の北、ノンデン王国と接する森林地帯にオルダム部族の領地があります。
ヴェスタリアで最大の淡水湖ナーマと豊かな森林資源で古くからソリスに次ぐ勢力を有してきましたが
地域内に多数存在する小部族は互いに争い、統一されることはなく(ソリス王家の策謀でもある)、
ソリスの支配下に甘んじてきたが、王家がハルギットとの戦争に疲弊した20年前に、タムティールという戦士が
地域の部族を纏めてオルダム部族国を成立させた。その後は無能なソリス国王をうまく懐柔して力を蓄え
昨年の帝国侵攻でソリス軍が遠征しているさなかに反旗を翻して王都に攻め込み国王を殺害、
ソリスの滅亡とオルダム王国の成立を宣言しました(教母ネイリの承認はありません)
関連人物:テムティール王、騎士ジャムラン、ネーラ王女、??

vs地域名0
プロフィール

zeeksweb

Author:zeeksweb
無断転載禁止
[個人の著作物を掲載しています。
文責は S_Kaga にあり、ゲームの
販売会社等は一切関係ありません]

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索