リアリティ?

先の公開資料では色々と偉そうなことを書いてますがゲームを制作する人は字面のまま受け取らないでください。
制作者が「わかっていてやる」分には良いのです。それもゲームデザインの内ですから。
VSでも「プロマイド」とか「ターシャのトフステ」みたいなお遊びがある。
この時代にブロマイドはおかしい、と指摘されたときに
「手書きの姿絵は江戸時代にもあったよ?、この世界ではそれをブロマイドと呼んでいる」という開き直りの
覚悟さえあれば良い(笑)。自身が構築した創作世界の中の話ですしね。

恥ずかしいのは制作者ーの知識が乏しいことによる勘違い。たとえば歴戦の名将という設定のキャラが
マヌケな作戦を提言すれば戦史に詳しいユーザーは「え?、この名将はバカなの?」となって白けてしまう。
逆に愚かな将軍を作りたければわざと「マヌケな作戦」を提言させればよい。それだけでキャラが立ちます。
どんなジャンルの作品であっても制作者は(まずは)資料に当たるぺし。創作に携わるものの基本だと思います。

肥料の話も中世の(一般的な)貧しい農民の話であり、肥料(堆肥)の売買がなかったわけではありません。
問題なのは現代の感覚で軽く考えてしまうことですね。ドンパチもわざとであれば良いでしょう。
私が指摘されて恥ずかしかったのは無意識に使っていたから。作り手の浅はかさを晒してしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zeeksweb

Author:zeeksweb
無断転載禁止
[個人の著作物を掲載しています。
文責は S_Kaga にあり、ゲームの
販売会社等は一切関係ありません]

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索