スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外伝序盤テストプレイ(初見)

スタッフさんの感想が面白かったので(笑
(今後の調整により変更の可能性はあります)

--

1章
クリアタイム1時間弱 クリアターン15 リセット回数4

テンポ良いスタート、規模はシンプルなのに一見して気になる仕掛けがアチコチ。
墓の穴は、落ちるのかなと思ったら……

アシュラム兄妹のスキルに「!?」
スジャータちゃん可愛い、スジャータちゃん。

リスクありと解かっていても試してみたくなるのが性分で、アコルトで入手→(°Д°)→どうにもならなくなってリセット
追ってくるワグリをゼイドで始末して前線を整えてから再入手。
自然回復付与を2章に入るまで失念していました。なんたる。

チェザル部隊の登場・やり取りに歓声。
この3人の関係は、今はどうなっているんだろう……シーラは相変わらず意識の欠片もない様子が微笑ましくもあり、ザイードは力強くなった感じ……?
(この面子で無口のままでいることもできないだろうな、という一年間に思いを馳せる)

『こころ優しい王女様』に笑ってしまうなど。そういうところが『民間に流れる噂話』なんですよね。

所有武器も入手武器も貴重なものばかりなので、モッタイナイしてるヒマはなくガンガン使う。
戦闘自体は手間取ることなく、回復と位置取りのミスによるリセット。
ザイードとアシュラムの会話に「おおお……」
互いに、たぶん望まざる事情を抱えているだろうから、仲裁に入りたいんですがどうすれば画面の向こう側へ行けますか……

驚きの罠あり、嬉しい再会あり、波乱の予感あり、それでいてサクサクとマップは進み、とても心地よくプレイできました。


2章
クリアタイム1時間半くらい クリアターン35 リセット回数6……くらい

マップデザインの美しさにため息。ヴェニス様、そこで何をしてらっしゃるのー!? 
その扉は入れない位置ですね……

なるほど、これが今回のチェザルのポジション。主人公が鍵開けできるの、ウフフってなりますね……
左の部屋も気になるけれど、まずはヒルダを助けに――
……魔人の発言が酷くて珈琲噴きました。ヒルダ―! ヒルダ―!! 怒って目を覚ましていいところよ!!!!
囚われたのがシーラじゃなくてよかったね、なんて思ってません ゲフゲフ。

勇者スライン、スルーしようとしていた部屋から登場。
グレートボウ装備。……回避は期待してはいけないですね……?
しかし『調べる』コマンドの誘惑に負けて突出してしまう。
――この扉は、あれか! あっ、そこの骨! あーーーーー
傷薬も足りなくなってここでリセット。
大人しく扉前でゼイドたちが来るのを待ちつつ、ゼイド・アシュラム・スジャータで鍵リレーをしてスライン救出。
チェザルとスラインの会話に胸熱。
色恋ごとに繋げたがる無粋な性分を脇に置いて、仲間の距離感というか 簡単な記号に置き換えられないものを感じました。
チェザルのタダモノじゃなさっぷりが良いですね本当に……
墓前をゼイドで調べ、 (°Д°)
あにうええええええええええええ!!!!!?
え、ヴェニス様がいる理由は、まさか え、その骨はよもや いやいやいやいやいや!?

右の小部屋にユースティティアがあるので、ヒルダ救出に要るのかな?
左手の魔人をザイード&シーラで片付ける間にアシュラム到着、骨の相手をバトンタッチ。
右の小部屋はシーラ&ゼイドで。
ゼイドにユースティティアを持たせて扉を開けて……
くっそ、チェザル、あんたは何者なんだ!!(恋愛的な意味で)(本人は、たぶんそういうのじゃない)(プレイヤーのハートが撃墜されるだけである)
『抱き上げたら、思っていたより軽い』はトキメキ要素ですね……チェザル氏にもそんな腕力が……キュン

後は逃げるだけ? 敵も少ないし……良いのかな? と思いつつ、進められるユニットから右上を目指していく。
(一度ヲタ盗賊を放置してみて、そちらへ離脱するのを見ていたので)
>>>逃げられない<<<
……?
ここで改めてマップを見回す。他に『出口』らしいものは……
解かりやすい鉄格子前にゼイド到着。
(°Д°)!?
出口はまだわからない!
しかし、ヴェニス様の計らいにより『ここからマップ下ではない』だろうことはなんとなくわかる。
アドポスが到着する前に、何か、何処か、見つけ……
発見!!
逃げろ逃げろ、ここから逃げ――
>>>特定ユニット必須<<<
ですよね! 遺跡ですもんね!!
ヴェニス様の杖が切れ、それでもギリギリで持ちこたえアドポスを押さえ続ける「??」氏。
右へ左へ振り回されながら、ギリギリ離脱達成。

広い世界へ出て、シーラは自分の『力』を把握した感じなのでしょうか。
以前より、ザイードの『俺が守らないと』感が強くなり、シーラも素直に頼っているような。心細そうな離脱発言に驚きつつも、空白の時間を考えてニヨニヨします。
アシュラムとザイードが仲良くやってゆけるのかも、個人的にハラハラしている一つです。


登場ユニットが既に皆さん強いので、戦闘自体は相手の能力を確認して行動に気をつければ危ないところは――
――ないはずなんですが、考え無しに突っ込んで危なくなること数回。ディバインソードで回復すればいいんじゃないか! と気づくまでにだいぶ薬草を消費していました……
アシュラムの『不治の病』も、HPが高いので無理させなければメタクソ強いし避けるし安心して頼りに出来ました。
展開が気になるストーリーに引っ張られ、ぐいぐいマップを進める楽しさ。
あれかなこれかな、と試行錯誤する仕掛け。
2章離脱口の仕掛けは、とても好きなタイプです。
右往左往していてもギリギリ間に合うタイミングに痺れました。

洞窟を抜けた3章の、どこかレトロな、懐かしく感じる風景に癒される思いがしました。
ウエスタに行けば、リリアに会えるかな……(求:回復手)
ナスホルン乱発のアコたん戦闘モーションを見ながら、金髪ウェーブで雷魔法は実に美しいなぁと改めて。
ドキドキ、ワクワク、ハラハラ、やったー! で進めさせていただきました。

aa.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

zeeksweb

Author:zeeksweb
無断転載禁止
[個人の著作物を掲載しています。
文責は S_Kaga にあり、ゲームの
販売会社等は一切関係ありません]

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。