ネーミングについての雑談(過去スレから)

ブレンサンダーやブレンクロスボウの「ブレン」は英国の有名な「ブレン軽機関銃」から連想したもので
軍オタなら即座に「連射武器」と気付くはず。オーバ関連は造語だが「上回る」というような意味合いから創作した。

ゴーゼワロスは該当マップのシナリオを手伝ってくれたデザイナー氏の考案。
何から連想したかは知らないが本人は極めて真面目な人物だから噂されるような理由ではないと思ってる^^。

デリックは他でも書いたが船舶に搭載されている大型クレーンから。
重量物+海底遺跡の調査等でも使われる=歴史探究のイメージから命名した。

クリテカルナイフやワレンスタインは文字数制限による省略、改編。
本来はクリティカルナイフ、ヴァレンシュタインであるのだがこういった(止む無き)改編は他にも多数ある。
コンジットボウはコンポジットボウ(合板弓)が正しいのだが7文字制限仕様時に短縮してそのまま残ったもの。
私のチェックミスには違いない。

シェルパは山岳ガイドの意。彼が山岳民族=ハイランダーであることから命名。
ちなみにハイランダーとはスコットランドの高地地方に住む民族のことで歴史上では勇敢な戦士として知られてる。
彼の容姿や性格が某マンガの主人公に似てるらしいのだが私は読んだことが無いので偶然の一致としか言いようが無い。
クレイマーはクライマーから連想。むろん崖のぼりが得意であるからだが文句が多いからという噂もある。
ちなみに疾風とあだ名されているどうかは定かではない。恐らく自称であろうと思われる。

サフィアとルヴィは宝石名から。サファイアは高貴な青、天の石。ルビーは燃える赤、情熱の石。
ロズオーク、バンミリオン、シロック、クエスクリア等は(名前としては珍しいが)単なる思い付き。由来は特に無い。
ファラミア、オルウェンは指輪物語から、「渡り戦士」という兵種は某マンガ作品から借用。 ひかわ先生ごめんなさい

シルウィス、ラレンティア、ファイサルなどは神話・歴史上の人物、一部の武器にも神話上の人物名などを使用している。
それ以外のほとんどの固有名詞はオリジナル(というか一般的な名称)、むろん商標を取得できるようなモノではない^^;
リネットは英国では普通に見られる女性名。リースも英語圏の女性名だが同じ音の男性も少なからず存在する。

よく言われるようにベルナードとバーナードは仏英での読みの違いで本来は同一名。
ラテン語を起源とするヨーロッパの言語は元は同じでも各国で微妙に(発音が)変化する。
例えば英語のロジャーは本来ロゲリウス(ラテン)、仏語ではロジェ、独語ではロゲル、伊語ではルッジェーロと変化
同じくロバートはロペルトウス、ロベール、ロベルト、ロベルト。
ジョンはヨハンネス、ジャン、ヨハン、ジョヴァンニ。ヘンリーはヘンリクス、アンリ、ハンイリッヒ、エンリコ等と変化する。
で本題に戻るわけだが、西欧の言語に特段の関心が無い限りは同じ作品内にジャンとヨハンがいたところで別に気にもならないだろうし、実際、何百人もの人名を使用してきた身からすると、そういう事でもなければネタが尽きる。
で、その他大勢は「まあいいや」ってネーミングになってしまうワケだがもちろん自慢できることじゃない。

そういえばどこかの掲示板で「ジュリアンは女性名だろKは馬鹿か」というような書き込みを見たことがある。
ジュリアンは英語圏の男性名で、元はユリアヌス(ラテン語)。ジュリアン(仏)、ユリアン(独)、ジュリアーノ(伊)の変化する。
これは想像だが、女性だとジュリアナ(英)、ジュリエンヌ(仏)、ユリアナ(独)、ジュリアーナ(伊)などに変化すると思われる。
ただしこれはあくまで発音(カタカナ表記)の話で単語の綴り(スペル)は文字に多少の違いはあっても殆ど同じ。
欧州諸国の言語は原則として征服民族のラテン語を起源としているから日本各地の方言程度の違いしかない。
つまりは「ローマ帝国は偉大なり」ってことなのだが、良く知りもしないで他人を馬鹿呼ばわりは良くないな(笑)

カトリは言うまでもなく牧場の少女。当時は投手絡みと思ってる人が多かった。古いアニメ(原作は北欧の児童文学)だから知らなくても当然だ。
ついでに言えばエンテはカモ、メーヴェはカモメ。つまりカモにメが加わるとカモメになるという(エンテが目覚めてメーヴェになる)という寓意から名付けた。
むろん作中でも語っているように「水中に隠れ地面をヨタヨタ歩く鴨ではなく、大空を自由に舞うカモメのように」という意味も含めて。ネイファは昔書いた自作短編の登場人物(オリジナル)から。ティーエはトバティーエ (某ファンタジー小説の登場人物) から。

レオンハートは「獅子の心」という意味だが、歴史的には英国のリチャード王(獅子心王)を指す。
つまりゲームにおける獅子王子リチャードのモデルなんだが、この辺りはかなりいい加減なネーミングになってしまったと反省してる。
マムルークというのは中世アラブ世界の奴隷出身の軍人(弓射を得意とするエリート兵士)のことで、後にはエジブトシリアを征服して王朝を打ち立てた。
レオンハートに「マムルーク」という兵種を与えたのは、彼に精強なエリート騎兵のイメージを重ねたからで、あくまで彼(とシロウ)固有の兵種である。
(了)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zeeksweb

Author:zeeksweb
無断転載禁止
[個人の著作物を掲載しています。
文責は S_Kaga にあり、ゲームの
販売会社等は一切関係ありません]

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索